交通事故・後遺障害・損害賠償でのご相談は神戸ライズ法律事務所(兵庫県弁護士会所属)へ 神戸交通事故被害者相談

 相談料・着手金0円。弁護士費用特約利用可能 神戸ライズ法律事務所 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町122番2 港都ビル8階

病院を変えて、右肩腱板損傷と頸椎捻挫で後遺障害14級が認定、約375万円で示談した事例

(事故と障害の内容)

 50代女性(自営業)が、自動車で赤信号停止中に後方から自動車に追突されて右肩腱板損傷頸椎捻挫の負傷を負った事案です。
 

(ご依頼の経緯)

 事故から約1年経過した時点で、ご依頼者様は、今後、どのように進めたらよいのかという疑問を解消するため、当事務所にご相談に来られました。
 

(受任後の活動)

 ご依頼者様の主治医は、あまり熱心な医師ではなく、MRIを撮ろうとしても断られ、後遺障害診断書もおおざっぱな内容しか記載しませんでした。
 そこで、別の新しい病院へ行き、MRIを撮り、2か月ほど通院してからその病院で後遺障害診断書を作成してもらいました。新しい病院の医師はとても献身的で熱心な方で、後遺障害診断書も丁寧に記載してくれました。
 後遺障害の申請をして、無事に、右肩腱板損傷と頸椎捻挫でそれぞれ「局部に神経症状を残すもの」として後遺障害14級が認定されました。
 次に、保険会社と示談金の交渉をして、約375万円(自賠責からの受領額も含む)で示談しました。
  

(結果)

 後遺障害14級が認定され、保険会社との交渉で、約370万円で示談しました。
 

(解決のポイント)

 主治医があまり熱心な医師でない場合、病院を変えてでも適切な後遺障害診断書を作成することが重要です。
 
 
  078-325-5585 電話受付:平日9:00~18:00(土日応相談)

関連する記事はこちら