交通事故・後遺障害・損害賠償でのご相談は神戸ライズ法律事務所(兵庫県弁護士会所属)へ 神戸交通事故被害者相談

 相談料・着手金0円。弁護士費用特約利用可能 神戸ライズ法律事務所 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町122番2 港都ビル8階

主婦の頸椎捻挫(外傷性頸部症候群)で後遺障害14級9号が認定。約400万円で示談した事例

(事故と障害の内容)

50代の主婦(女性)が、車で赤信号停止中、後方から車に追突されて、頸椎捻挫の負傷を負った事案です。
 

(ご依頼の経緯)

 ご依頼者様は、後遺障害が適切に認定されるか不安に思われ、当事務所にご相談に来られました。
 

(受任後の活動)

ご依頼者様の病状を確認して、首の痛みがある場合はできるだけ整形外科へ多く通院する事、早期に頸椎のMRIを取ることをお願いしました。
そして、受傷から約1年で症状固定をして、主治医に後遺障害診断書を作成してもらいました。
主治医の先生は、多少個性的な方で、あまりご依頼者様の主張を受け入れてくれない先生でしたので、後遺障害診断書の内容もやや不備があり、それを訂正はしていただけませんでした。そこで、それを補うために、病院からカルテを取り寄せてカルテと共に後遺障害の認定申請をしました。
すると、無事に「局部に神経症状が残るもの」として14級9号の後遺障害が認定されました。
次に、保険会社と示談金の交渉をしました。
主婦の方でも、休業損害や逸失利益が出ます。
そうした主張をして、話し合いで、約400万円で示談しました。
  

(結果)

後遺障害が認定され、保険会社との交渉で、約400万円で示談しました。
 

(解決のポイント)

主治医の先生があまり協力的でない場合は、他の資料を付け加えて後遺障害認定申請をしたほうが、後遺障害が認定されやすいです。
 
 
  078-325-5585 電話受付:平日9:00~18:00(土日応相談)