交通事故・後遺障害・損害賠償でのご相談は神戸ライズ法律事務所(兵庫県弁護士会所属)へ 神戸交通事故被害者相談

 相談料・着手金0円。弁護士費用特約利用可能 神戸ライズ法律事務所 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町122番2 港都ビル8階

Q2 家族がバイク・原付・自転車の事故にあいましたが、事故後、言動がおかしくなって感情的になりました。原因と対策は?

たとえヘルメットをしていても、バイク・原付で事故にあった場合、脳挫傷等の頭部外傷を負うことがあります。自転車の場合は尚更です。

 

以下の特徴がある場合、高次脳機能障害になっている可能性があります。

・事故直後に意識障害があった

・記憶力、判断力、注意力が低下した

・言語発声、理解の困難・低下

・思い通りに遂行することができなくなった

・物事を遂行するのにとても時間がかかるようになった

・すぐ寝てしまう

・怒りっぽくなった、感情を抑えられなくなった
初診時に頭部CTを撮ったが異常がないと言われた場合であっても、撮影の種類・方法が悪かった場合もありますので、上記のような症状が見られる場合、早期にMRIで検査をしましょう。

 

高次脳機能障害になっている場合、早期にリハビリを開始したほうがよいと言われているので、高次脳機能障害を扱っている専門医を受診しましょう。

 

また、高次脳機能障害になった場合、適切な資料を早期に集めて申請しなければ、適切な後遺障害の認定が受けられない恐れがありますので、ご注意ください(高次脳機能障害の詳細についてはこちら)。

 

 

 

Q1 バイク・原付・自転車の事故の特徴は?

Q2 家族がバイク・原付・自転車の事故にあいましたが、事故後、言動がおかしくなって感情的になりました。原因と対策は?

Q3 バイク・原付・自転車の事故で後遺障害は認められますか?

Q4 過失割合はどうやって決まりますか?

Q5 バイク・原付には自賠責保険しか入ってなくて、任意保険に入っていませんでした。自転車には保険をかけていませんでした。この場合、弁護士特約は使えますか?

 
  078-325-5585 電話受付:平日9:00~18:00(土日応相談)