交通事故・後遺障害・損害賠償でのご相談は神戸ライズ法律事務所(兵庫県弁護士会所属)へ 神戸交通事故被害者相談

 相談料・着手金0円。弁護士費用特約利用可能 神戸ライズ法律事務所 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町122番2 港都ビル8階

交通事故に関わる医学の知識の必要性とは

 

 交通事故の被害に遭ってしまった場合、不幸にも後遺症が被害者に残るケースがあります。

後遺症が交通事故の被害者に残ってしまったケースでは後遺症を正式に後遺障害として医師に認定してもらう必要があるのですが、交通事故によって引き起こされた後遺症を後遺障害に認定する際に認定を行う医師その人が交通事故の後遺障害に関する知識が不足しているケースがあります。

 

交通事故の後遺障害認定に関する医学的知識については法律の専門家である弁護士ですら交通事故の後遺障害認定の知識の乏しさや後遺障害が絡む交通事故事案の担当を避ける傾向にありますが、全国の弁護士の中でも神戸地区の弁護士事務所に所属している神戸の弁護士は交通事故の後遺障害の問題について特に強いと言われています。

 

今回は交通事故に関わる後遺障害認定と医学の知識の必要性についてご説明をさせていただきます。

 

■交通事故の被害者と診察を行う医師、そして弁護士が後遺障害に関する医学の知識が必要となります

 

交通事故によって怪我を負い、被害者となってしまった場合には交通事故の怪我が元で後遺症となり、後々の生活に影響を及ぼすケースがあります。

 

このような交通事故の後遺症は交通事故発生直後に現れるケースとそうでないケースがあり、厄介な問題の一つです。

交通事故の直後に医師に診察してもらった時には感じなかった被害者の身体の後遺症が後々になって徐々に、または急激に突然後遺症として現れる場合があるのです。

 

交通事故の後遺症については診察を担当する医師の知識不足により現時点では交通事故の被害者の身体に後遺症の症状が現れていなくても後々発生するおそれがある後遺症にまで考えが及ばない、というケースが少なくありません。

 

後遺症の症状を固定する後遺障害の認定が医師によって正式に行われなかったというケースが交通事故の後遺障害をめぐって起こされる被害者と加害者の裁判の原因の中でも1、2を争うと言われています。

 

■交通事故の後遺障害認定の相談は神戸の弁護士へ

 

交通事故の被害に遭ってしまい、医師の診察でも後遺症を見逃された上、なおかつ担当の弁護士さえも被害者の身体に起きている後遺症を見逃してしまった場合、後遺障害をめぐる後の裁判は非常に困難になる事が予想されます。

 

そのような事態を引き起こさない為にも、交通事故問題や後遺障害認定について特に強く詳しい知識がある弁護士が多いと言われている神戸地区の弁護士事務所に所属する神戸の弁護士に後遺障害認定の相談を行う事をおすすめします。

 

神戸の弁護士事務所に所属している神戸地区の弁護士の多くは後遺障害認定に強いとの評判が多く、全国から交通事故問題や後遺障害の認定にかかわる相談をしに多くの人が神戸を訪れと言われています。

 

神戸の弁護士は交通事故の被害者の診察を行う医師に対して直接医師に会って後遺症の見落としがないか確認してもらうように依頼するなど、後遺障害問題について万全のサポートを行っている事が評判となっています。

 
  078-325-5585 電話受付:平日9:00~18:00(土日応相談)

関連する記事はこちら