交通事故・後遺障害・損害賠償でのご相談は神戸ライズ法律事務所(兵庫県弁護士会所属)へ 神戸交通事故被害者相談

 相談料・着手金0円。弁護士費用特約利用可能 神戸ライズ法律事務所 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町122番2 港都ビル8階

介護保険

 

神戸や大阪などの都市部では毎日のように交通事故が発生していますが、中には重篤な後遺症を引き起こすものもあります。

 

神戸の弁護士事務所に寄せられる相談の中で、そうした交通事故による後遺症に関わるトラブルとしてよく見られるのが介護保険の適用です。

 

通常交通事故による要介護状態では、基本的には介護保険を使用できません。第三者(加害者)による被害の場合には、加害者側の保険会社が支払うという事が前提になるからです。

 

しかし、交通事故後の介護状態では、リハビリや歩行器など急を要する出費が数多く降りかかります。そうした中で、交渉が長引いたり支払いが遅れたりすれば、仕事や生活に大きな影響を与えてしまいます。

 

そこで神戸の弁護士事務所にも困窮した依頼者の相談が寄せられるのですが、こうした場合の弁護士の対処方法としては一時的に自身の介護保険を利用することが考えられます。

 

一時的に介護保険からの保険給付を行い、その後加害者に対して保険給付額の請求を行うという流れです。

 

しかし、こうした複雑な手続きには膨大な法律知識が必要となるため、中々一般の方では必要書類の整理など完璧には行えません。大きな事故の後の過敏な精神状態や身体の回復具合によっては大きな負担となってしまいます。そのため弁護士に依頼するのが一般的ですが、おおまかな流れを見てみましょう。

 

まず実際の被害を証明する被害届が必要になります。その他にも交通事故証明書や事故現場見取図及び発生状況書など、各自治体によって多数の書類が必要になります。神戸の場合でもこれらに加え同意書や誓約書など法律知識が必要となる書類を複数用意する必要があります。

 

こうした書類を不備なく提出するにはやはり専門の弁護士に依頼するほうが、負担を最小限に抑えトラブルを回避することにも繋がります。

 

神戸にはこうした交通事故に関わる介護保険のトラブルを多く解決してきた弁護士が複数在籍しています。交通事故のトラブルは相手方との交渉など利害関係が強烈に対立するので、個人で行うには非常にやっかいな事が多い分野です。そのため神戸近郊の方は、神戸に席を置く交通事故の対応を行う弁護士を探して依頼されたほうが、後のトラブルを避ける最善の手となります。

 

神戸ではこうした事態に関する介護保険の適応を、区役所の保険年金課への書類提出が必要となりますが、必要書類も神戸市内の安全運転センターなど近郊で取得が可能なので、弁護士の方と連携しながら最小限の負担で交通事故後の回復に備えて下さい。

 
  078-325-5585 電話受付:平日9:00~18:00(土日応相談)

関連する記事はこちら