交通事故・後遺障害・損害賠償でのご相談は神戸ライズ法律事務所(兵庫県弁護士会所属)へ 神戸交通事故被害者相談

 相談料・着手金0円。弁護士費用特約利用可能 神戸ライズ法律事務所 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町122番2 港都ビル8階

示談のタイミング

 

示談のタイミングについても、交通事故の被害者にとっては悩むことの一つではないでしょうか。ほとんどの場合、交通事故の加害者が加入している保険会社の担当者から示談交渉を持ちかけられたときが、示談のタイミングとなっています。

 

交通事故が死亡事故であった場合は、亡くなられた方の「四十九日」が過ぎたころが示談のタイミングになることが一般的です。交通事故の被害者が亡くなった場合、被害者の相続人が損害賠償を請求することになりますので、四十九日前に示談交渉を始めたいということであれば、そのようにすることも可能です。

 

示談のタイミングで問題になってくるのは、交通事故でケガをしたときです。

 

交通事故でケガをしたときの示談のタイミングは、そのケガが完治したときです。

後遺障害(後遺症)が残ってしまった場合は、治療しても症状の改善が見込めないと医師が判断した「症状固定」になった時が示談のタイミングです。

 

ケガが完治する前や症状固定になる前に示談をまとめてしまうと、その後に損害賠償に該当する後遺症などが発生した場合に、その損害が賠償されないことになります。ですから、加害者側の保険会社は早く示談をまとめようと急かすわけですが、その圧力に屈してしまっては、被害をさらに大きくする可能性もあるため、しかるべきタイミングが来るまでは応じてはいけません。

 

加害者にとって、交通事故で刑事訴追を受けている場合には、示談がまとまっていることが裁判で情状酌量されることにつながりますから、示談を急いでいるケースもあります。しかし、加害者に同情し、症状固定が済んでいないのに示談をまとめてはダメです。

このような場合は、裁判所に嘆願書を出す方法をとることができます。

 

また、交通事故の示談がまとまるまでは、ケガの治療費や車の修理費などは、被害者本人が支払わなければいけません。そのため、被害者としても、早く示談をまとめて賠償金を手に入れる必要があることもあるでしょう。

このような場合には、自賠責保険に「仮渡金請求」をすると、示談交渉が始まる前であっても保険金の一部を支払ってもらうことができますし、「内払い制度」で治療費などを支払ってもらうこともできます。

 

 

神戸ライズ法律事務所は、地元神戸に密着した弁護士による地域密着型の弁護士事務所です。神戸を中心に、幅広いエリア、幅広い分野の法律相談に、実績豊富な弁護士が対応致します。依頼者様のために、神戸ライズ法律事務所の弁護士が最適な事件解決をサポート致します。

 

 

 
  078-325-5585 電話受付:平日9:00~18:00(土日応相談)

関連する記事はこちら