交通事故・後遺障害・損害賠償でのご相談は神戸ライズ法律事務所(兵庫県弁護士会所属)へ 神戸交通事故被害者相談

 相談料・着手金0円。弁護士費用特約利用可能 神戸ライズ法律事務所 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町122番2 港都ビル8階

自動車保険の違いに注意!

 

  現在では、交通事故を起こしてしまうリスクや、被害者として遭遇してしまうリスクは非常に多くなっています。自動車の普及と同時に、交通事故が増えてしまいリスクも高まりました。リスクには、事故を起こしてしまうことによって免許の点数が引かれてしまったすることによって、免許停止や免許取り消しになってしまうリスクがあります。このような行政的なリスク以外にも、事故の規模が大きいと刑事的な責任を追及される可能性もあります。そして、生活にとても支障が出るのが金銭的なリスクです。

 

  交通事故を起こしてしまうと、被害者のケガを治療する責任がありますし、壊れてしまった車両も修理しなければなりません。ケガの直接的な治療費だけではなくて、損害賠償も必要になってしまいます。このようなリスクを回避するために、自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は、自動車を購入するときには必ず入らなければならない保険ですので、運転している方なら加入しています。任意保険は、自動車を保有している方が加入するかどうか決めることができるのですが、交通事故のリスクを考えると必ず入っておいた方が良いでしょう。自賠責保険だけでは、交通事故を起こしてしまった際の損害賠償を払いきれないときがあります。

 

  事故を起こしてしまったり被害者として事故に遭遇してしまったときは、相手方と交渉する必要があります。しかし、交渉は相手方と意見が違ってしまい、トラブルになってしまうこともあります。話がまとまらないと感じたときは、弁護士に依頼すると良いでしょう。弁護士は法律の専門家ですので、交渉もスムーズに進めてくれます。自賠責保険を利用するときは、加害者請求と被害者請求の二種類があります。加害者請求を利用するときは、すでに賠償金を被害者に支払っていることが前提となります。すでに支払った治療費などの領収書を添えて、自賠責保険を請求します。被害者請求は、加害者に賠償金を支払うことができないときに利用します。

 

  その他にも、相手の加害者との交渉がまとまりそうになかったり、過失を全く認めないときにも請求できます。加害者請求も被害者請求も時効が二年ですので注意しましょう。弁護士に依頼することで、加害者請求も被害者請求も代理人として代わりに行ってくれます。加害者請求も被害者請求も、手続きや必要な書類がありますし、相手側との交渉もあります。神戸ライズ法律事務所の弁護士なら、その全てを自身の希望通りに動いてくれます。

 
 
  078-325-5585 電話受付:平日9:00~18:00(土日応相談)

関連する記事はこちら