交通事故・後遺障害・損害賠償でのご相談は神戸ライズ法律事務所(兵庫県弁護士会所属)へ 神戸交通事故被害者相談

 相談料・着手金0円。弁護士費用特約利用可能 神戸ライズ法律事務所 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町122番2 港都ビル8階

バイクと自動車の事故で12級の後遺障害認定 示談金が約200万円増額した事例

(事故と障害の内容)

ご依頼者様がバイクで走行していたところ、対面の車が急に右折をしてきたことからバイクと衝突したため、ご依頼者様の右手の尺骨が変形して橈骨が骨折し、長管骨に変形を残すものとして12級の後遺障害になった事例
 

(ご依頼の経緯)

保険会社から約720万円の示談金の提示がありましたが、逸失利益の金額が6年分しか算定されずに低かったことから、示談金増額交渉のためにご依頼がありました。
 

(受任後の活動)

本件の争点は逸失利益を何年分まで認めるかです。
逸失利益とは、もしその事故がなかったら得られたであろう将来の収入のことです。人は一般的に67歳まで働くであろうということを前提に、裁判実務上、67歳までの逸失利益が認められます。もし、症状固定時50歳であれば、67-50=17年分の逸失利益が認められるという計算です。
保険会社は、さしたる根拠もなく逸失利益を6年分としていましたので、弁護士が、保険会社に対し、67歳までの逸失利益を認めるように交渉しました。
 

(結果)

保険会社との交渉の結果、逸失利益を11年分まで増やして(ほぼ裁判基準の年数です)、合計約930万円で示談しました(約200万円の増額)
ご依頼頂いてから解決まで約1か月というスピード解決です。
 
 
  078-325-5585 電話受付:平日9:00~18:00(土日応相談)

関連する記事はこちら