交通事故・後遺障害・損害賠償でのご相談は神戸ライズ法律事務所(兵庫県弁護士会所属)へ 神戸交通事故被害者相談

 相談料・着手金0円。弁護士費用特約利用可能 神戸ライズ法律事務所 〒650-0031 兵庫県神戸市中央区東町122番2 港都ビル8階

自転車と自動車の事故で言語機能障害(後遺障害1級)約6000万円増額した事例

(事故と障害の内容)

交差点内で自転車を走行中、左から走行してきた自動車にはねられた事案で、被害者が、音声・言語機能障害及び左上下肢機能障害(ほぼ寝たきりの状態)に陥り、等級1級の後遺障害が認定されました。
 

(ご依頼の経緯)

保険会社が、被害者のご家族に5000万円の示談金の提示をしました。
しかし、後遺障害慰謝料は1級ではなく2級であることを前提にした金額を提示していたり、将来介護費の金額が少なかったりするなど、金額が低いのではと疑問に思われて、ご相談がありました。
 

(受任後の活動)

後遺障害1級の事案であり、予想される損害賠償金が高額であり、過失相殺や将来介護費など多くの争点があったため、任意での話し合いは困難であったことから、準備が整いしだい、すぐに訴訟を提起しました。
訴訟では、将来介護費の必要性を強く主張しました。具体的には、ほぼ寝たきりの状態のご依頼者様には、ご家族による毎日の食事介助と、定期的なリハビリ施設への連れ添い通院が必要であることなどを病院のカルテ看護記録などを用いて主張しました。
 

(結果)

訴訟の終盤で裁判所から和解勧告があり、裁判所が、ほとんど当方の主張が認めた内容の和解案を提示しました。将来介護費(約4000万円)もほぼ全額認められ、慰謝料も増額され、さらに、ご家族の精神的慰謝料も認められた形で、合計金額として約1億1000万円の提示でした。
ご依頼者様のご家族も、この和解勧告の内容にご納得され、約1億1000万円で和解しました(約6000万円の増額です)。
 
  078-325-5585 電話受付:平日9:00~18:00(土日応相談)